スポーツ用品トピックス
Sports

スポーツ用品
トピックス
Topics of Sporting Goods

■特集■アルミサッカーゴール:三和体育が選ばれる理由『国体向け施設ガイドライン準拠品』『クロスバー1本物』『ネットクリップ』

2020年1月28日

三和体育のイチオシ! アルミサッカーゴールの登場!

 

 

まず、お伝えしたい事は「サッカー協会規格品」「基準品」という物は、存在しません。

基本的には、ルールに適合しているかどうかが問われます。

 

サッカー協会が、新たに「サッカー施設用具ガイドライン」の案内を開始しましたので、

今後、このガイドラインが、サッカー競技を行う上での指針となってくると考えられます。

正しくは、ガイドラインに準拠した製品と言う事になってくると思います。

 

 

続いて、弊社のアルミサッカーゴールのご紹介です。

 

■本体価格

一般用:339,000円/対・少年用:319,000円/対  

 

※SGマークの画像へ、協会へのリンクが貼ってあります

 

※撮影協力:(一社)レッズランド様

 

 

特に、六角ネット付のセット品番は、ご満足頂ける事、間違い無しです!

 

■六角ネットセット

一般用:359,000円/対・少年用:334,000円/対  

 

※各画像のネットが、付属の六角ネットになります(φ4mmの太い六角ネット!)

 

もちろん、価格だけではありません!

 

更に、安全配慮の設計に改良し『国体向け施設ガイドライン』(←リンク)準拠品に進化!

 

『サッカー施設用具ガイドライン』 

※2020/1/27追加(内容の詳細に関して、社内や協会に確認中)

 

 

リンクの内容を確認して頂ければ分かるように、ボルトの突起、ネットフック形状、

補強の形状など、安全性の向上、または、ボールの跳ね返りの影響を無くす構造など、

内容は多岐に渡っており、その基準を満たすことは、かなりの工夫が必要になります。

 

そういった意味で、「他社の構造としっかり比較」して頂ければ、価格だけではない、

その違いが分かって頂けると考えております。

 

「サッカーゴールなんて、どこも同じでしょ?」

そんな事は決してありません。

 

仕様・価格・安全性など、各社が工夫を凝らして、製品開発をおこなっておりますので、

比較せずに購入するのは、もったいない結果となる可能性があります。

 

是非、各社の比較を行っていただいた上での、ご購入をお薦めいたします。

 

 

ゴール断面形状は、継材と共に、新規に設計し直し、接続箇所でもガタツキやたわみが

少ない設計となっています。

※断面の強度計算・重量計算を細かく実施して、シルバーの継材の方が

強度が高い設計となっており、接続箇所が弱いのではないかと言う懸念を払拭

 

 

 

更に、”クロスバー1本物”で、たわみの少ない仕様となっています!

 

「クロスバー1本物の利点は?」

 

各社運賃を抑える為に、クロスバーの分割数を増やしたりしており、たわみの少ない

構造も工夫しておりますが、「分割数が多い」=「ボルト接続数が多い」という事です。

 

すなわち、組立した当初は、たわみは少ないかもしれませんが、使っているとボルトは

緩んできて、接続箇所のガタつき、ゴール自体のガタつき、たわみも増えてきます。

 

長く使っていくには、結局、分割数が少ないクロスバー1本物が良いと考える事が出来ます。

 

これを見た機会に、現在、グラウンドに有りますサッカー・ハンドボールの各ゴールなどを、

自主点検して頂く事をお勧めいたします。

 

各所のボルトが緩んでいたり、中には、ボルトが脱落して無くなっている状態もある事に、

気付かれると思います。

 

参考:弊社 SG「サッカー・フットサル・ハンドゴール」共通点検表

 

 

SG協会では、製品で発生した事故に対しての、賠償制度を用意しておりますが、

点検されていないゴールに対しては、賠償が適応されない可能性が高いので、ご注意ください。

 

点検内容には、「注意ラベルが読めるか」という事も含まれておりますので、読めない際は、

シールの貼り替えをお願いします。(弊社の注意ラベルは、カタログP4掲載)

 

 

購入時の運賃を考えるより、長く使うという使う側の目線で考えると「クロスバー1本物」の

シンプルな構造の方が、点検箇所が少なく、手間も掛からないので、維持しやすい製品となります。

 

 

そして、新規設計の「ネットクリップ」【D.PAT】

 

※ネットクリップは、新サッカーゴール専用です

 

ゴールを組み立てた後に、ネットフックを付け忘れたから、また組み立て直しか。。。

ネットを張る時に、ネットが、フックの爪に引っ掛かって、なかなかネットが張れない。

しばらく使って、割れたので交換したいが、サッカーゴールを分解しなくてはならない。

 

など、そんな悩みを解消してくれる、”後付け”のネットクリップ。

ゴール完成後に、ひねって留めるだけの簡単取付で、あっと言うまにネットの取付完了!

後付けなので、納入後、しばらく経ってからでも、分解もせず、簡単に取付可能です。

 

また、専用製品ならではの特長は、画像を見て分かるように、クリップが取り付けた位置に

留まって、ズレ落ちていません!

スライド式のフックですと、溝とフックに隙間が必要なので、手を離すと滑り落ちます。

ネットが無いときは、ポストのネットフックは、全部、一番下まで落ちてしまいます。

 

ネットを止めたい個所に、フックが、ちゃんと留まるというのはバランスよく固定する為に

とても便利な特徴です。

当然、後付けなので、少しバランスを修正しようとしても、外して付け直せば良いだけ!

 

   

 

標準の個数でも、下記、画像の様に、とても隙間が少なく配置されておりますが、

海外のプロチームなどでは、ネット1目に1個、フックを取り付けて、チームカラーなどの

演出を行っているチームもあります。

(弊社の取付ピッチは、約200mm。SG基準は、500mm以下。他社は、300mm程度が多い)

 

 

ネットクリップ単体も、40個セットで販売していますので、気軽に追加のご注文ください。

※弊社の一般用ゴールには、120個/組付属。海外プロは、210個/組程度を使用。

(国内他社ネットフックは、90個/組程度)

 

うちのチームは、チームカラーが緑なんだけど、出来ない?

女子サッカーチーム用に、ピンクにして欲しいな。など、ご相談ください。

対応できるように、前向きに検討いたします。

 

【赤もあります】

 

 

開発途中のネットクリップ。

透明も面白いと進めていましたが、地面に落とすと探すのが大変という事で断念。

また、寸法調整を何度も何度も繰り返して、新サッカーゴールにぴったりな寸法を目指しました。

 

止めやすさと、外れにくさ、外しやすさのギリギリの所を狙って、設計していますので、

新サッカーゴールでしか、最大限の効果を発揮できない為、専用製品とさせて頂いております。

 

 

まずは、カタログを開いて頂き、詳細をご確認ください。

カタログをご希望の際は、HPの問合せページより、ご連絡ください。

 

 

その他、弊社では、ビーチサッカーやブラインドサッカーなど、特別な規格のゴールにも

柔軟に対応しており、多数実績もございますので、同様に、HPよりお問合せください。

 

 

 

 

※各画像に使用された試合の動画リンクを貼り付けています